FC2ブログ

ちょこっとお役立ちコーナー!!

パソコン初心者用のちょこっとお役立ち情報!!無料・フリーソフト、便利なツールなどを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログパーツ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PC内の不要なデータの削除やレジストリ項目の最適化を行うソフト FCleaner

FCleanerはPC内の不要なデータの削除やレジストリ項目の最適化、ソフトのアンインストール・修復・アップデート、さらにはスタートアップの編集などWindowsのメンテナンス機能も備えたクリーナーソフトです。

サードパーティー製ソフトウェアの不要ファイルの削除も行えるのが特徴的なシステムクリーナーで、日本語化して使用することも可能。
また、インストールの要らないPortable版もあり、持ち運んで使用することもできます。


※FCleanerでクリーンアップを行った後、Google ChromeではAdobe Flashが正常に作動せず、ネット閲覧時に画面表示がおかしくなる不具合が起きることもあります。おかしくなった場合の一応の対処方法を記載しておきますが、Chromeを使用している人はその辺も了承した上で使用してください。
※記事内ではポータブル版を使用して説明しています。


ダウンロード → FCleaner


FCleaner本体の他に、上記サイトから日本語化言語ファイルもダウンロードします。
サイト下側にある「日本語」を右クリックから保存します。
fclearn02.jpg



言語ファイル保存後、FCleanerをインストールしたフォルダ内(English.lngファイルのあるフォルダ)へコピーします。
fclearn03.jpg



実行ファイルをダブルクリックで起動します。
fclearn04.jpg


起動後、「Options」タブの「Language」のところから「Japanese」を選択すれば、日本語化は完了。
fclearn05.jpg


クリーニング作業は「クリーナー」タブから行います。
「Windows」ではシステム関連の不要ファイルを削除対象とする設定ができます。チェックを付けた項目がクリーニングの対象になります。
fclearn06.jpg



「ブラウザ」ではネットブラウザの不要ファイルの削除設定ができます。
ブラウザにパスワードを記憶させている人やクッキーの削除をしたくない人などは「Saved Passwords」、「Internet Cookies」の項目にチェックを付けないように注意。
fclearn07.jpg



「アプリケーションプラグイン」ではFClearnerで対応している各種ソフトやツールの不要ファイルの削除設定が行えます。
fclearn08.jpg



「分析」をクリックすれば、クリーニング対象のファイルサイズを分析し、どれくらいの容量削除するのか確認ができます。
「クリーナーの実行」をクリックすれば、クリーンアップ開始。
fclearn09.jpg


その他にも、「アンインスーラー」タブからソフトのアンインストールや修復、アップデートなどが行えます。
fclearn10.jpg


さらに「スタートアップマネージャ」からスタートアップ(PC起動時に同時に起動するソフトなど)の設定が行えます。
ただし、スタートアップの設定でむやみにソフトウェアを削除するとPC自体がおかしくなる危険性があります。
よくわからない人はさわらない方が無難。
fclearn11.jpg


不要ファイルの削除のほかに、メンテナンス機能も備えたクリーナーソフトです。


-補足-
以下、Google Chromeで表示画面がおかしくなった場合の一応の対処方法です。

まず、何らかの形でブックマークや拡張機能など、無くなると困るデータのバックアップを取ります。
※バックアップは各自でどうにかして取ってください。

バックアップ等が済んだら、Google Chromeを開いている場合は終了させます。

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を選択。
krmtis01.jpg


Windows XPの場合は以下を入力して「OK」をクリック。

%USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\

Windows Vistaの場合は以下を入力して「OK」をクリック。

%USERPROFILE%\AppData\Local\Google\Chrome\

krmtis02.jpg


表示されたフォルダ内にある「User Data」フォルダを削除します。
※一応バックアップとしてとっておきたい場合はどこか違う階層(デスクトップなどでもOK)にコピー。
krmtis03.jpg


Google Chromeを起動します。(起動するとさきほどのフォルダに「User Data」フォルダが自動で生成されます。)
krmtis04.jpg


おそらく表示画面が元に戻っていると思います。
後はブックマークなど各種バックアップを復元すればOK。

これは一応の対処方法なので、この方法でも直らない場合もあるかもしれませんが、ご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト
ブログパーツ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
プロフィール

きゃっつ104

Author:きゃっつ104
只今、子育て奮闘中。

当サイトへのリンクはフリーです。

ネットショップを開くなら!!
注目オススメ商品
おこづかい稼ぎ
サイトマップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。